2007年05月03日

もじことば

 久しぶりに布団を干したらアホのようにホコリが出て
「なんの花粉の大群ですかー」的状況でした。
ある意味感動できました、はい。皆様はいかがおすごしでしょうか。

 布団たたきも買ったし今後は頻繁に叩こう。


 随分前の事でしたが「おいしい和菓子屋さんを教えてほしい」
というリクエストを頂いたことがあります。

 こないだ自分の答えが見つかりました。↓
叶匠寿庵 http://www.kanou.com/index.php

 あまり自分の味覚は信用していないので
人々に食べてもらいましたが、不評は聞いてません。
なにより見た目だけでも食べたいと思わせる品々です。
 お試しあれです。


 で、その中に「あも」っていう餅ヨーカンみたいなものが
あるんですけど(美味)、このパンフの中に「女房言葉」の
説明ってのがあって寿司は「おすもじ」と言うらしい。

 ってところから本日スタート。前置きが長い(^_^;)。
そもそも、いつだったか「ひもじい」という言葉を調べたところから
この話は始まっているのですが、
世の中には文字詞(もじことば)って物があるらしいのですよ。

〜〜大辞林より〜〜
文字詞(もじことば)
 物の名を直接に言うことを避け、
ある語の頭の一音ないし二音に「もじ(文字)」という語を添えていうもの。
中世後期の女房詞から起こる。「湯具」を「ゆもじ」、
「はずかしい」を「はもじ」などという類。
〜〜☆☆☆☆〜〜

 ほんとかー、そんな言葉人生で聞いたことないよ。
ちなみに「逆引き広辞苑」で「〜もじ」をひいたところ結構な数があります。
姉⇒あもじ
イカ⇒いもじ
おかみさん⇒おかもじ

 そんなばかなー。
正直言って辞書にだまされているのではないかとさえ思う。

 ちなみに普通に現在使われているのが
杓子⇒しゃもじ
くらいでしょうか。
 なお、「ひもじい」は「ひだるし」⇒「ひもじ」からの転らしいんですけど、
「ひだるし」なんて知ってる人間がどれくらいいるのだ。


 自分らも何か作ろうよ。
後世の辞書になんか書かれるかもしれません。
「ス詞」とか言って
うらやましい⇒「ウラヤマシス」
かわいい⇒「カワイス」
とかアホな事になっていたら・・・。

 んな感じで。連休お楽しみくださいませ。

 ではでは。


posted by しまりん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。