2007年10月06日

アメリカの交通事情とか。

 アメリカ旅行記、前に書いた時から随分経ってしまいました。
今日はその話。

 とか言っておきながら本日ネタが届いた。
佐川急便のご不在連絡票なのだが、差出人が
「JR東日本ポケモンスタンプラリー様」
キタキター。

 明日ブツ来ます。とりあえず拝もうw。


 で、アメリカの話だ。今回は道路鉄道などで。

・道路事情
 端的にアメリカの広さが実感できるのはこれではないかと。
ハイウェイに乗ってみると真っ直ぐ地平線まで道路だったりするんだこれが。
ちなみにハイウェイは無料です。

 制限速度75時速マイル(約120km/h)とかってアホですか。
一般道でも65時速マイル(約110km/h)だったりするし。
日本でも移動した事ない距離をアメリカで移動した気がします。

 ただ、高速であるだけに制限速度はかなりキメ細かいです。
カーブの前では必ずと言っていいほどに制限速度ダウンの看板が出てます。
あと、夜はハイウェイも含めて真っ暗になると思う。ほとんど街灯ついてないから。

 砂漠地帯を走ってたんですけど、
「デニーズまで残り60マイル(約100km)」とかあって笑いました。
本当に広いです、あの国は。

 蛇足ですが、アメリカでは基本的に赤信号でも右折していいです
(日本で言うところの左折ね、向こうは右側通行だから)。
これ便利だなー。日本でもやってほしい。

・鉄道など公共乗物
 まず一番ビックリなのはクレジットカードで切符が買えること。
もう何が何やらです。

 で、一概に言って不親切。旅行者は日本になれているとかなりキツイ。
まず駅に着いてもそこが何駅だか分からない。小さく1・2箇所。

 で、次の駅がどこだかは窓からは本当に分からない。
仕方ないので路線図見るのだが
今いる場所がどこだか分からないと何も分からない。

 あと駅には日本でいうところの時刻表が無い。
あるのは本屋で売ってる時刻表みたいな表。
(要するにこの電車はA駅発N時で〜B駅着○分〜C駅着×分〜〜みたいなあの表)

 これがまた自分のいる場所を確認してからスタートですよ。
しかも小さい駅だと載ってなかったりするんだこれが。

 さらに不便なのが自分が乗ったところだけかもしれないけど
かなり本数が少ないです。1〜2本/時間なんてザラ。
電車をアテにする場合は時刻表見て行った方が絶対いいです。

 最後に地味に痛いのがトイレが駅に完備されていないということ。
汚い公衆トイレって見なかったから
無人駅には無いって事なのかもしれないけど。

 あと、不便ってわけじゃないんですが、アメリカってボタンが嫌いなのかな。
何をするにも「押す」事に対して凹まないんですよ。
切符買うにしても「とある金属部分を押せ」見たいな感じなんだけど
そこは確かに色が変わってるんですけどボタンじゃないのね。

 路面電車乗ってて、日本で言うところの「降りますボタン」や
押しボタン式信号のボタンも乱暴に言ってしまえば「この柱を押せ」
みたいな感じなんですよ。

 押した実感が無いのって怖いです。初めて知りました。

 最後に。これは日本も見習って欲しいのだが、
電車に自転車乗り入れOK。素敵過ぎる。
自転車が少ないってのもあるのかもしれないけど、いい事です。


 長くなりすぎましたがではではです〜。


posted by しまりん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た読んだ行ってきた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。