2010年01月27日

2009年12月はこんな本読みました。

 突然ですが2月、金がない事が判明しました。
去年6月以来の金欠フラグキター(^^ゞ。

 ちょっと正月使いすぎたかなー、反省。
とりあえず早く寝ると暖房費使わないと思うw。

 そして昨年12月読んだ本達になります。
一気にどうぞ。
〜〜〜〜
12月の読書メーター
読んだ本の数:31冊
読んだページ数:6612ページ

ノータイム詰碁360 ヨミからヒラメキへ (マイコミ囲碁文庫シリーズ)ノータイム詰碁360 ヨミからヒラメキへ (マイコミ囲碁文庫シリーズ)
「手のない詰碁」は斬新。ただし読者に優しいかは謎。
読了日:12月01日 著者:月刊碁学


バッテリー〈6〉 (角川文庫)バッテリー〈6〉 (角川文庫)
読了日:12月02日 著者:あさの あつこ
俺様ピッチャーとやさぐれ三番の話のように見えるのは自分だけだろうか。
なんというか「これぞ青春!!」という感じではない。
「これがうじうじ中学生だー」って意味で等身大な気はするw。

片恋トライアングル 1 (花とゆめCOMICS)片恋トライアングル 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月03日 著者:天乃 忍
気になって某氏に買ってもらい読んでみたところ
あまりに良くて自分も購入とかアホですか。
王道なのかなー。最近こういう恋愛物と出会っていない気はします。
片恋トライアングル 2 (花とゆめCOMICS)片恋トライアングル 2 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月12日 著者:天乃 忍
どうしてもマンネリ化しちゃうのでここで終わるのは正解かと。
しかし最後の4コマがー。そういうオチなのかー(悶絶)。

失われた町 (集英社文庫)失われた町 (集英社文庫)
読了日:12月04日 著者:三崎 亜記
相変わらず何かずれている世界を描くのはうまいです。
幸せを思わず願ってしまう。

トランジスタティーセット ~電気街路図~ (1) (まんがタイムKRコミックス)トランジスタティーセット ~電気街路図~ (1) (まんがタイムKRコミックス)
読了日:12月05日 著者:里 好
大人買いしたんですけど、2巻を追加し忘れていたことに先ほど気付きました(^^ゞ。
秋葉原日常ゆるゆる漫画のカテゴリですかね?(細かい)

純愛ラビリンス 1 (花とゆめCOMICS)純愛ラビリンス 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月07日 著者:なかじ 有紀
うんいつもなかじ有紀は素敵なキャラを書くのだがさすがに食傷気味。
ちょっとこれは間を置きます。

青春攻略本 1 (花とゆめCOMICS)青春攻略本 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月08日 著者:あきづき 空太
びっくりするほど期待以上の出来でした。どの話も良かったなー。
2巻が今から楽しみだよー。

太陽で台風 2 (スクウェア・エニックス・ノベルズ)太陽で台風 2 (スクウェア・エニックス・ノベルズ)
読了日:12月09日 著者:はむばね
なんか作者が就活中だからでしょうか。キレが感じられなかった気が。
「話の終わらせ方ストック」を無駄に浪費してしまった感があるのは気にしすぎかなー。

魔王さんちの勇者さま2 (徳間デュアル文庫 は 2-2)魔王さんちの勇者さま2 (徳間デュアル文庫 は 2-2)
読了日:12月13日 著者:はむばね
まさか2巻が出るとは思わなかったw。
親父がかっこよすぎるのですがー。
どうまとまるのか3巻に期待。
がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 2 (IDコミックス REXコミックス)がんばれ!消えるな!!色素薄子さん 2 (IDコミックス REXコミックス)
読了日:12月11日 著者:水月 とーこ
相変わらずキャラが判別できねーw。
それでもこのゆるさが好きなのがどうしょうもないw。

あきば浪漫ス! (4) (角川コミックス・エース 204-5)あきば浪漫ス! (4) (角川コミックス・エース 204-5)
読了日:12月14日 著者:貴島 煉瓦
モブキャラの最後のシーンは好きだなー。
でも打ち切りか、打ち切りだったりするのかーw。

鳥籠の王女と教育係―婚約者からの贈りもの (コバルト文庫)鳥籠の王女と教育係―婚約者からの贈りもの (コバルト文庫)
読了日:12月06日 著者:響野 夏菜
この年最後の大人買い物件。
コバルト文庫に手を出したのは初めてです(^^ゞ。

鳥籠の王女と教育係魔王の花嫁 (コバルト文庫 ひ 5-81)鳥籠の王女と教育係魔王の花嫁 (コバルト文庫 ひ 5-81)
読了日:12月10日 著者:響野 夏菜
(続き)懸念していたBLとかもなくベタベタでもなく、ギャグ、かな?
よくあるラノベは言葉そのもので楽しんでますけど
これは言葉の裏側を楽しむ系だと思う。

鳥籠の王女と教育係永遠の恋人 (コバルト文庫 ひ 5-82)鳥籠の王女と教育係永遠の恋人 (コバルト文庫 ひ 5-82)
読了日:12月15日 著者:響野 夏菜
(略)
鳥籠の王女と教育係 姫将軍の求婚者 (コバルト文庫 ひ 5-83)鳥籠の王女と教育係 姫将軍の求婚者 (コバルト文庫 ひ 5-83)
読了日:12月20日 著者:響野 夏菜
(略)
ちはやふる 7 (Be・Loveコミックス)ちはやふる 7 (Be・Loveコミックス)
読了日:12月16日 著者:末次 由紀
百人一首やってるすごい人たちはみんなネジが飛んでいるのかーw。
「好きなことを一生懸命やるには嫌なことも一生懸命やらなければならないんだ」的
台詞がすごいグサっときた(^^ゞ。
仮面のメイドガイ 11 (ドラゴンコミックスエイジ あ 1-1-11)仮面のメイドガイ 11 (ドラゴンコミックスエイジ あ 1-1-11)
読了日:12月17日 著者:赤衣 丸歩郎
なんか単なるお色気漫画になりつつあるのですががが。
次もこうなら考えよう。そうしよう。

ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)ソードアート・オンライン〈3〉フェアリィ・ダンス (電撃文庫)
読了日:12月18日 著者:川原 礫
MMORPGやってる話なのですが「強いけど常識ない」というキャラがすごい好き。
しかしタイトルの「ソードアートオンライン」とは違うゲームなのは
ツッコミどころじゃないの?
ブラックペアン1988(上) (講談社文庫 か 115-1)ブラックペアン1988(上) (講談社文庫 か 115-1)
読了日:12月19日 著者:海堂 尊
チーム・バチスタに続く前章の物語。
高階先生を始めとしてみんな若いーw。

ブラックペアン1988(下) (講談社文庫 か 115-2)ブラックペアン1988(下) (講談社文庫 か 115-2)
読了日:12月22日 著者:海堂 尊
これ続き出るのかなー。
出なくてはいけない気はするのですが、また購入物件が増えるw。

生徒会の七光  碧陽学園生徒会議事録7 (富士見ファンタジア文庫 あ 3-1-7)生徒会の七光 碧陽学園生徒会議事録7 (富士見ファンタジア文庫 あ 3-1-7)
読了日:12月21日 著者:葵 せきな
ツンデレ風にけなすのが新しいw。
そして飛鳥はよいよいよいよい(比類なき残響音)。

VOiCE Newtype (ボイスニュータイプ) 2010年 01月号 [雑誌]VOiCE Newtype (ボイスニュータイプ) 2010年 01月号 [雑誌]
読了日:12月23日 著者:
桜さんインタビューのために買いました、ええ。


けいおん! (3) (まんがタイムKRコミックス)けいおん! (3) (まんがタイムKRコミックス)
読了日:12月24日 著者:かきふらい
これサザエさん時空突入しませんよね?
3年生になっちゃったし4巻でおしまいかなー。

パズル通信ニコリ Vol.129(2010年冬号)―季刊パズル通信ニコリ Vol.129(2010年冬号)―季刊
読了日:12月25日 著者:
スラローム旗門170に見ただけで撃沈OTL
冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)冷静と情熱のあいだ―Blu (角川文庫)
読了日:12月26日 著者:辻 仁成
↑↓別れた二人をそれぞれの主観で描いた話なんですけど、
 男の女々しさと女のあっさりさのコントラストがすげーw。
 成程、ひきずるとこういうふうに見えるものなのかと。
冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)冷静と情熱のあいだ―Rosso (角川文庫)
読了日:12月30日 著者:江國 香織
 (続き)著者の差なのかなー。江國香織はもうちょっと読んでみたいですね。


シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
読了日:12月27日 著者:有川 浩
相変わらず有川浩はなんでこんなに面白いんだ。
そしてこれ明らかに1巻じゃ終わりませんよね?
千歳はどうなるのかなー。って楽しみに思うことにします。
孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)孤宿の人〈上〉 (新潮文庫)
読了日:12月28日 著者:宮部 みゆき
今やーっと上巻読了。
この人もどうして老若男女の視点から物語が紡げるのか不思議でしょうがない。
そして江戸物だしね。ほんとにこういうことがあったのではないかと思えるからすごい。
孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)孤宿の人〈下〉 (新潮文庫)
読了日:12月31日 著者:宮部 みゆき
まだ未読。楽しみに最後まで読むことにします。どんなオチが待つことやら。


神様のカルテ神様のカルテ
読了日:12月29日 著者:夏川 草介
イラストに惚れて買いましたがよい話です、ほんと。涙出てきます。
しかしどうしても過労死を一人増やしてしまう物語に読めてしまうのがちょっと。。。
漱石かぶれの一人称ってのはなんか懐かしいです。
人の名前の付け方とかほんと漱石っぽくて好き。
〜〜〜〜

 これで去年の目標全達成だー。疲れた。
しかし1月ももうすぐおしまい。2010年版がすぐ続くのであった。

 ではではー。


posted by しまりん at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た読んだ行ってきた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。