2014年08月28日

大放置大会中。

 大御無沙汰中です、すみません。

 忘れてるわけじゃないのー。副業の提督業が忙しいだけなのー。
次これについて書きます。


 ネタもあまりないので将棋界の事でも。

 相変わらず羽生名人がおかしすぎる。
森内名人竜王(当時)との名人棋聖戦12番勝負を7連勝とかやってはならんと思うのだが。
本日日本将棋連盟のトップページを見てみると。

第1〜第3ニュース
・王位戦7番勝負第5局 羽生−木村 8/27〜28 対局中
・竜王戦挑戦者決定戦第2局 羽生−糸谷 9/2 
・王座戦5番勝負第1局 羽生−豊島 9/4

 なにこの忙しさ。今に始まった事ではないですが。
王位戦では持将棋(引分)がありましたが、
まさか「負けを増やさずに対局数が増やせる裏技発見!!」とかないですよね?

 改めて通算勝率を見て見ましたが毎場所大関昇進なるか!とか言ってる勝率なんだなーw。
下手すると悪いとこ取りの30番でフリークラスを脱出できるんじゃないかとか思うがさすがにないよね。
毎年のようにタイトルを取ってる時点で毎年脱出できる権利は持ってるんだな・・・。

(※フリークラス)
 名人戦の予選となる順位戦を指せないクラス。
一応戻る手段を複数用意されているのだが(棋戦優勝など)、
今までに満たされた復帰条件は「よいとこどり30局で6割5分以上(20勝10敗以上)」

 さすがに悪いとこ取り30局は5割近辺の時もあったはず。。。


 次回は空けないようにするよー。ではでは。


posted by しまりん at 02:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

【大相撲】誰が勝ち越すチキチキレース(2014年名古屋場所)結果発表

 お疲れ様でーす。
社会人の皆様は短い夏休みの真っ最中なのでしょうか。

 今更というか積ん読になってた「1Q84」を読了しました。
今回が一番マシではありましたがやっぱりハルキストと呼ばれる人達が理解できなかったよ。
なんで村上春樹は人気あるの?
3冊読んで3冊とも駄目だったので絶対もう読まないという結論。

 修飾は本多孝好と似てるってのは理解したけどだったら本多孝好の方を読んだほうがいいって。
「人気を支えているのは、ファッションとして読む人たち」(by 太田光)(※)
の意見も一面を捉えている気がします。


 本題
先日の名古屋場所のチキチキレースの発表です。
問いの発表ページはこちら

 この問でした。括弧はオッズとなります。
例によって感想含め答え合わせ。

Q 以下上位17人のうち勝ち越すのは誰でしょう。
 3人選んでください。(以下略)

A @白鵬 A日馬富士 B鶴竜 C稀勢の里 D琴奨菊 E豪栄道 P豪風
 なんだこの虫歯の確認みたいな結果w。
 「1番から6番とんで17番マル」
記憶が薄れているためこんなこと本当に言ってたか怪しいです^^;。

 感想その他を駆け足で。

@白鵬(13−2・優勝)
 終わってみればいつも通りでしたっと。
ただ本人も言ってたけど勝ちを焦って負けた2番は今まであまりなかった負け方なのでちょっと不安は不安。
そんな不安を実現させるような相手がいないのではありますがw。

D琴奨菊(12−3)
 何があったのか。まさかの「優勝に準じた成績」w。来場所綱とりかかってたりしませんよねw。
怪我治ったってだけであそこまでなるとも思えないんだが。
来場所またよく分からない要素が増えた気がします。

E豪栄道(12−3 殊勲賞)
 場所前「一応全勝すれば直近3場所35勝だから大関なりうるよな」とは冗談では思ってしたがw。
急転直下の大関昇進。
 甘すぎるという声もあるのは分かるんですがこの人の場合は
上位総当りの地位で毎場所のように勝ち越して直近6場所59勝だったらいいというのが個人的な意見。

N大砂嵐(7−8)
 せっかく横綱戦に勝ち越したんだから勝ち越して殊勲賞取って欲しかった。
両横綱がかちあげを意識しすぎてましたね。
日馬富士は速攻に足がついていかなくてばったりだし鶴竜はまさかの変化。あれはないわー。

 実力というよりは虚像の部分が大きかったとは思うので来場所以降どうなるのかなー。

L嘉風(7−8) P豪風(9−6)
 尾車部屋の2人が揃って最年長初金星とかやってくれました。というか今まで金星なかったのか。
強い横綱しかいなかったという側面はあると思うが。

 豪風も6日目から豊真将が8日目から栃煌山が休場した関係でほぼ総当り(3横綱1大関1関脇)となりましたが
よくこれだけの成績を残しました。

 小結以下の上位が総崩れで豪栄道も大関になるから三役は全部あくのか。
豪風も来場所関脇ですかねー。
というか来場所の三役は妙義龍と照ノ富士、遠藤あたりが有力かー。
世代交代どころの騒ぎじゃない気がしますね。ある意味象徴的な番付になりそう。


 そんなわけで結果発表です。
合わせて7C3=35通りの正解があったわけですがー(ネタフリ)

しまりん⇒ボッシュート
飛鳥川雄輝さん⇒ボッシュート
L♪さん⇒ボッシュート
Kさん⇒ボッシュート
山崎さん⇒ボッシュート

 先場所のコピペで行けたorz。
栃煌山の休場が大きかったか。

 直近6場所の結果。
 2013年 2014年     
 09月場所11月場所01月場所03月場所05月場所07月場所合計2014計
飛鳥川雄輝さん00030200003020030200
L♪さん630009000000153009000
しまりん31504500000076500
Kさん000000
山崎さん0000000
いんきょさん000

 これもコピペでいけたんじゃねーのw。

 なんにせよ来場所もよろしくお願いいたします。

 ではではー。

posted by しまりん at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

2014夏アニメ1stインプレッション

 例によってつぶやきから。先日こんな事書いたんですよ。

涙の事を「目から汗」と表現する事がありますが
逆に汗の事を「汗腺から涙」って表現できないかシチュエーションを検討中w。
例「エアコンが故障だって?あれおかしいな、汗腺から涙が…」

 ・・・フルボッコにされましたorz。
そんなだめかなーw。汗腺というのが非常にマイナーな単語であることは認める。
ので「汗=筋肉の涙」ってのもありとは思う。

例:
「どうした?冷や汗が出てるぜ」
「いや、これは筋肉の歓喜の涙なのだ」

みたいな。
忍たま乱太郎でも鼻水の事を「心の汗」と表現してたことあったなーw。

とりあえず民明書房刊の辞書に載せようぜw。
あせ【汗】
1 皮膚の汗腺(かんせん)から分泌される液。(以下略)
2 筋肉の涙

 民明書房については男塾あたりを参照の事。


 本題。もう8月になっていますがアニメの感想とか。
とはいえ今回見てるの3本ですが。

・人生相談アニメーション「人生」
 いい意味でも悪い意味でもヤバイと思いますw。なんか突き抜けてる。
大筋はあってるんだがオチというかお色気路線というかが原作風じゃない気がするんだよなー。

 そして主人公の目つきの悪さにびっくりした。
原作イラストだとほとんど出てこないものでw。

・ハナヤマタ
 これはいい意味でヤバイ。
毎回のようにヤマがあって泣かされているのですが。
 前向きな泣き方が多いので泣かされている感は少ないのも好印象。

 しかし5人の女の子が和風な感じで動いてるOPがどうも「じょしらく」を
彷彿させているような気がしてしょうがないw。
じょしらく自体は1回しか見てないんだけど。

 絵もホント綺麗だし今期1番でいいんじゃないの。
3本しか見てないけどこれを上回るクオリティの番組が
1クール何本もあるってちょっと信じられないレベル。

・ソードアートオンラインII
 安定感ありますなー。なんだかんだで好き。
しかし映像で見ると剣で銃弾切るってやっぱり反則だろうw。これは相手の気持ちも分かるw。

 原作だとあんまり感じなかったんですけどシノンがかわいくなってます?
あと明日奈もこれまたちょっと美人になった気がしますがどうなんでしょう?
アスナと明日奈の違いなのかもしれないし年月が経ったからなのかもしれませんが。


 そんな感じですかねー。
最近前座の分量が妙に多くなっているのが気になりますw。
書く回数増やせばいいんだよなー。って話ではある。

 ではではー。
posted by しまりん at 11:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 見た読んだ行ってきた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

2014年名古屋場所雑感

 暑いわー。本当に暑いわー。
基本的に家での冷房なんか知らない人なんですが先日客人来たので付けてみました。

 ・・・なにこの極楽浄土w。まじでけしからんwww。
家にいて汗かかないんだー。へーw。

 客人帰られたのでまた地獄な部屋でおじゃるw。
去年も1日くらいしか使ってないのでフィルターがキレイ過ぎてワロタ。


 チキチキ部分が上位総当りだったので相撲の下のほうは今回書いちゃいます。

 いや、正直今回全く興味持てなかったんですよねー。
おみくじ風に書くと

優勝・・・白鵬
カド番・・・踏ん張りきれず
関脇・・・波有り
稀勢の里・・・冷静になると吉

 くらいかなーと本気で思ってて。というわけで変則的なチキチキにしたというのもあるのですが。
一番興味があったのは栃ノ心の連勝(場所前14連勝中)がどこまで伸びるのかだったもんなーw。

 おみくじの内容も大体当たってますけど
琴奨菊と白鵬があんなことになるだけでここまでになるんだーとか思ったのであります。

 以下適当に前頭5枚目以下から。

・遠藤(前5・8−7)
 なんか途中かなり自分の相撲がぶれてませんでした?
引いたり突っ張ったり。
引いた相撲で負けたのは今後のためにもよかったと思う。

 この人に懸賞金賭けると相手にとってものすごい美味しい人に見えるから
過度な賭け方は規制した方がいいと思うんだよなー。

 平幕同士なら2〜3本を上限にしても個人的にはいい。最大にしても5本。
代わりに十両同士でも1本くらいつけることができてもいいんじゃないかなー。
自分が金持ってる裕福社長だったら懸賞賭けたい取組もいくつかあるもんw。

・妙義龍(前6・11−4)
 休場明け後8勝が続いてましたがついに2桁勝利きました。
来場所からは上位で暴れてくれますかね。

・照ノ富士(前6・9−6)
 十両で活躍してたころから見てましたがついに上位に殴りこみですかね。
この人押すタイプではないんですけど力強さがスゴイ。どこまで役力士に通じるか。

・高安(前11・11−4・敢闘賞)
 優勝戦線によく残りました。本当に波がありすぎる。
無傷の8連勝勝ち越しが自身2度目ということに衝撃を受けたw。
普通の力士は1回もないからね。

(※ここから2段落は完全に記憶に頼った文になります)
 現役平幕だと魁聖が新入幕のとき1回やりましたっけ?
あと豊ノ島が優勝決定戦進出したときやってるかなー。
尾車コンビ(嘉風、豪風)はやってるかも。

 むしろ豪栄道がやってない可能性があるw。
下のほうで12−3とか結構やってるけど優勝に絡んではいなかったもんなー。

 無傷勝ち越しってそれくらいの偉業。

・ベテラン海外勢
 モンゴル出身の旭天鵬・時天空はギリギリ残ると思いますがグルジア出身臥牙丸が陥落。
来場所以降ここの降格圏の残留争いは目が離せない状況です。

 旭天鵬も来場所不惑の40歳。これで勝ち越したらマジすごいんだが。

・栃ノ心(十12・13−2・優勝)/逸ノ城(十3・13−2)
 栃ノ心は休場明け以来の連勝が18で止まりましたが貫禄の十両優勝。
1場所での十両抜けは微妙ですがまだまだ留まるところを知らない印象。

 しかし優勝決定戦を争った逸ノ城も角界入って3場所目にして十両優勝。
4場所目で優勝同星でしょー。相手が悪かったとしか言いようがないw。

 この人も遠藤並に騒がれてもいいと思うんだがモンゴル生まれなのがマイナス材料か。
来場所同郷の旭天鵬・時天空に引導を渡すのはこの人かもしれない。
秋場所は幕内下位からも目が離せません。

・隆の山(幕下6・0−2・引退)
 最軽量関取として頑張っていた隆の山もついに引退。
小さくてもというか小さいからこそなのかもしれませんが存在感はありました。
あの小ささで相撲を取ってるってだけで感動を覚えていいレベル。

 幕内で勝ち越す姿を見たかったなあ。
引退後は帰国ということですが第二の人生が実り多いことを祈っています。


 ではではー。
アニメ感想もやりたかったが分量多すぎた^^;。
posted by しまりん at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 大相撲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。