2007年10月29日

アメリカの国立公園。

 先日大変ショックな事がありました。

 「暴風雨の中、交通情報で台風接近を知る」

 いや、物心付いて以来初めてですよ。
しかも天気予報じゃないとかどゆこと?

 あと、本題入る前に1個。
青木功のエージシュートって凄すぎだろ。
65歳で65は動揺です。しかもきっちり最終日6打差逆転ですもんね。
本当におめでとうございます。


 で、自分もすっかりスッカリな事になっているアメリカ旅行記。
国立公園編です。

 自分が行ってきたのはブライスキャニオンとザイオンなんですけど、
個々の国立公園の話はここではしないつもりです。
ただ、アホなようにスケールが違います。

 なんつーか、アメリカって州一つ一つが日本より基本的には大きいのですよ。
で、その州の地図上で「ココ」って点では無く面として場所が表示されるのね。
これ一つとっても大きさが分かるでしょうか。

 で、国立公園の意義的なところが日本と明らかに違っていて。
もうほんとに「ここは自然のままにしておくの」という意識がすごい。

 とりあえずゴミ捨てるのがダメなのは当然として
動物にエサをあげても罰金です。確か数百ドル。
人間慣れしてはならないのだそうだ。

 そして監視員がいるわレンジャーがいるわなのです。
きっと彼らは銃を持っているわけで。
それだけでも日本とは違います。

 とはいえ、それを肝に銘じながら歩いてれば基本的に危険はないわけで。
歩く用のコースもしっかり準備してあるのですが、
とにかくすごいですよ。

 それに登る事を考えただけで震えるような岩があったり
川が削った山肌を見上げるだけで首が痛くなるほどの渓谷だったり
分かりやすく言うと秘境ですね。言葉だけじゃ伝わりませんが。
正直伝える努力を放棄してますw。だって無理なんだもん(^^ゞ。


 そんな感じでした。しかし歩きまわるのは疲れた(笑)。


posted by しまりん at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 見た読んだ行ってきた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。