2007年05月22日

棋戦四方山話。

 BIGの代わりに「5人に1人当たる」キャンペーンで1000円当たりました。
あの運の悪さは1000円と釣り合うのか、ぇぇー。


 前回将棋囲碁の話をしたのでせっかくだしタイトル戦の雑感とかやってみます。
ちなみに全然しまりんは彼らの指す(打つ)手は雰囲気しか分かりませんw。

 なお、知らない人は今回さっぱり分かりません、ごめんなさい。
最近多いなこの台詞(汗)。

(敬称略ってか段までは覚えていない。)
☆将棋
◎名人戦
 まさかの郷田の挑戦権獲得から2連勝して
「これはそのままいってしまうのか〜」とか思いましたがさすがは名人
2勝2敗のタイに戻してここは防衛が濃厚かな〜。

◎朝日オープン
 阿久津が羽生3冠相手に後手で勝ってタイに戻したときは「ぉぉ」と
思ったものの3冠は伊達ではなかった。3−1の防衛は見事。
しかし来期からどうなるんだろうこの棋戦。
朝日新聞は名人戦1本でいくのかしら?

◎竜王戦
 挑戦者が徐々に決まっていってますが、この予選トーナメント1組の
システムにびっくりした。
 16人でトーナメントするんですよ。で、5位までが本戦進出。

 ってことは普通、準決勝進出の4人と準々決勝で負けた4人での
5位決定戦で決まると思いません?

http://www.shogi.or.jp/kisenhyo/ryuuou/1mihon/index.html
 詳しくはココだが↑
1位・2位⇒優勝と準優勝
3位⇒3位決定戦(準決勝の敗者による)の勝者
4位⇒準々決勝の敗者による4人トーナメントの勝者
5位⇒1回戦の敗者による8人トーナメントの勝者

 なんか腑に落ちない。いいのかそれ。

☆囲碁
◎本因坊戦
 無冠になって3年の依田と高尾本因坊か〜。非常に見ごたえあります。
本因坊の先勝ですが、依田もタダでは済まさないでしょう。
惜しむべくは5月で毎日新聞を止めること。う〜ん。

◎女流棋聖戦
 ちょっとニュースソース古いですけど、ヒカ碁の監修の梅沢由香里が
タイトル獲得してビックリ。
 この人は写真見ても分かるんですよね。自分的にはかなり珍しい。

 実はこの時期、囲碁の棋戦は閑散期らしい。へーへーへー(汗)。
予選に立ち入れる程詳しくないし。。。


 ではでは。昨日もコテンパンにのされたしまりんでした(涙)。


posted by しまりん at 01:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
[久々に訪れてみる。]
囲碁はわからないけど将棋ならわかる
GFさんが来ましたよ。

名人戦
今は2勝2敗ですが、3戦目・先手郷田九段の
振り飛車に関しては今でも疑問。
郷田九段が振り飛車って…。

朝日トーナメント
流石に羽生先生負けないですね。
つか、朝日新聞もこのときの為に
タイトル戦造らなかったので
念願成就…かな。
正直朝日新聞の姿勢は賛成できかねる
わけですが。

竜王戦
システムが変わったのは去年からですね。
2敗した人が出られない、棋王戦みたいな
変則トーナメントと理解しとけば大丈夫なのかな?

あと、変更点としては3組からは優勝者しか
出られないのと、3組以下から竜王戦挑戦者が
出た場合、5位決定戦の1勝しかしてない4人のうち
1人が落ちる…らしい。

梅沢5段がタイトル
古っ!
囲碁全く知らない自分でも知ってるのに
しまりん先生ともあろう方が…。
Posted by GFなり。 at 2007年05月22日 10:31
[久々に訪れられてみる]
 コメントありがと〜です〜。
なんとこれでおそらく新記録の3記事連続コメント。

・名人戦
 あの▲75歩は確かに。しかも石田三間ですかー。
流れはここで傾いたのかもしれません。後がどうなるか。

・朝日オープン
 この棋戦終わっちゃうのやっぱり?
むしろ正直「永世朝日」を作って羽生大先生に
永世8冠を達成していただきたいくらいの勢いですがw。

・竜王戦
 うーん、言ってる事は理解しましたが。
やっぱり「4位」「5位」ってのが納得いかないw。
だって3位決定戦に負けたほうが4位だよやっぱりー(笑)。

・梅沢五段
 いや、ほんとに囲碁が閑散期だったので昔のソースを
ひっぱるしか無くて。。。(言い訳)
 ・・・小林覚が4タテ食らった棋戦がそういえばあったのを今思い出した。あはは。

 ではではっ。
Posted by しまりん at 2007年05月24日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。